ホワイトデーデート1

彼から衝撃のカミングアウトを聞いてから初のデート。


彼から忙しいって聞いてたにも関わらず、私がホワイトデーデートしたいってワガママ言って彼が企画してくれたもの。

お店は私の誕生日に連れて行ってくれたフレンチのレストラン。彼が1番気に入ってて、大好きなお店。

今回は前回より上のコースで、魚2種類メインでってムリを承知で頼んで組んでくれた。


待ち合わせ場所で、彼の車に乗り込む。

彼「前回行ってからちょうど2ヶ月だね!メニューも変わるし、今回は魚二種だから楽しみだね!」


私「うん!こんなに早くまたあんな素敵なお店に行けると思わなかったから嬉しい😊」


そして車を走らせる彼に。この間のカミングアウトの事で聞きたかった事を色々聞いてみる。


私「この間は、ありがとう。すごく驚いたけど、すごく嬉しかったよ。この間のデートは、元々自分の職場を案内する計画だったの?それとも急に思いついたの?」


彼「お昼食べながら話してて、そこで思いついた。元々そんな予定じゃなかったけど、3月入ってから自分の事全部話さないと、きっと続かないし無理だなとは思ってて、3月中には話すって決めてた。」


私「そうだったの。でももっと早いタイミングで話そうとは思わなかった?だって私、◯君の仕事の環境とか全部イメージしながら相談のってたんだよ。突然カミングアウトされて、あ!そうなんだ〜♡とは...心の整理に時間かかったよ。私かなり臨機応変に適応力ある方だけど、普通の人なら多分なにそれー⁉︎ってなると思うよ。私も半分は思ったし。」


彼「うん...soraの家庭の状況とかダンナさんどんな人かとかも含めて、慎重になった。もうちゃんと全部話したから。」


私「分かった。」


でもどんな形であれ、タイミングであれ私の事を信用して話をしてくれたのは嬉しくて、なんだかホッと気が抜けて...私も気を張らずに、もー自然でいいやって思えて。

なんかすごく楽になった。私も彼の見えない壁をきっと無意識に感じてたんだろうなー。

あと彼が、彼の人生そのものの仕事の事をすべて見せてくれた事も自信になった。


お店に着くと今日はかなり混んでる💦

お祝いシーズンだもんね。


今日は窓際の席は無理かなーって言ってたけど、案内されたのは、この間と同じ窓際のベストな席✨

2人で感動😭


2人「すごーい!こんなに人いるのにこの席案内してもらえるなんて‼️嬉しいね😆」

今日は前回よりいいコースだったのに、更に追加でオススメの料理も頼んでくれ、飲み物もノンアルコールだったけどお料理に合うワインも✨

2人「うわ〜美味しいね♡お料理もワインも!やっぱりこのお店最高だね!」


外の景色も楽しみながら、食事を楽しむ。彼の職場での話もスムーズに理解できるし、私も楽しんで聞けるようになった。


そんな中、いつも思ってたこと。今日は聞いてみる。


2へ